健康的に生きるということ

突然起こるぎっくり腰と健康について

突然起こる「ぎっくり腰」という症状がありますが、腰の痛みの中でも動くことができないくらい、神経に触れている感じがわかります。このぎっくり腰の原因というのはいろいろあり、人によって全く違う原因で発症することから、人の数だけぎっくり腰の原因はあるといわれています。健康のためにも、こういったぎっくり腰の対処法を知っておくことです。まず、ぎっくり腰になった時には無理に動こうとはしないで、その場でまずは安静にすることです。そして、できるならばすぐにアイシングで患部を冷やすようにします。炎症を起こしているので、患部を冷やすことは大事な作業になります。

ある程度落ち着いてきますが、痛みがずっと残るので動けるようになっても、無理に動かないようにします。炎症自体は48時間で収まるので、2日間は安静にすると治りも早くなりますが、少し動けるからといって油断をしていると、二次的なぎっくり腰をやってしまったり、痛みが軽減しないこともあるので注意が必要です。しかし、痛みがずっと取れないということはないので、じっくりと時間をかけて安静にしていると、腰の痛みもすっきりと取れます。アイシングは痛い時だけではなく、定期的にやっておくと治りも早くなります。

お役立ち情報

Copyright (C)2017健康的に生きるということ.All rights reserved.