健康的に生きるということ

体の酸化を防ぐことが健康につながる

体の酸化は防ぐことが健康につながります。体の酸化は、紫外線や喫煙、ストレスなどによって起こります。酸化を防ぐためには、紫外線対策が大切なので、日焼け止めのクリームを使い、日傘で紫外線から体全体を守るようにしましょう。喫煙は体の酸化を招くだけではなく、癌の大きな原因になります。健康のためには喫煙をやめた方が良いでしょう。ストレスも体の酸化を引き起こす大きな原因の一つです。ストレスにより、活性酸素が発生して血管を傷つけることがあります。また活性酸素は動脈硬化の原因になります。仕事や家庭でストレスを全く感じないことは不可能ですが、それを溜めこまないことが大切になります。趣味や適度な運動でストレスを発散させましょう。

抗酸化作用のある食べ物を積極的に摂取するのが、健康の増進に役立ちます。抗酸化作用のある食べ物はいくつかありますが、ゴボウに含まれているポリフェノールの一種であるクロロゲン酸は、体の酸化を防ぐ栄養素です。クロロゲン酸は脂肪を燃やす働きもあるので、積極的に取れば肥満の防止にも役立ちます。ゴボウの食べ方でお勧めなのは、ゴボウを縦に切って、ゴマ油で炒めて食べ方です。ゴマにも抗酸化作用があります。

お役立ち情報

Copyright (C)2017健康的に生きるということ.All rights reserved.